日本リバース 三石巌先生の本の中で、紹介されていましたが、 物理学の第二法則には、全ての自然現象は、秩序から無秩序に向かって進むという 条文があり、これをエントロピー増大の原理とも言うそうです。 加齢とともに、秩序から無秩序へと移行する運動が、みられる。 例して、眉毛などに1本長い毛があったり、額に1本長い毛があったりするのも、 秩序破壊であり無秩序である。 体のいろいろな組織で細胞レベルで起きます。 細胞の大きさが大小に変化したり、配列が不規則になったりします。 頭がはげたり、白髪がまじるのもこの法則の一つです。 老化とは、秩序を失う過程である。 素晴らしい表現だと感心しました。