学校の検診でメガネを作ってくださいと言われ、驚いて、子供の視力がこんなに低下していたんだと気がつく親御さんも多くいます。 ゲーム器でお母さんの言うことを聞かないで、 何時間も遊び、視力を低下させています。 また、遊びだけでなく偏食で栄養障害で視力を落とし、 日常の生活習慣の悪さで視力低下を引き起こしてる場合が結構多いのです。 日頃の習慣をよく見直す必要があります。 当院には3歳から101歳までの目の手当てに来院している方がいますが、 一番多いのは、小学3年から4年生です。 しかし、この次期は、大人と違って既往歴がなく、 10回前後で平均改善しています。 また、0.1以下はその人の目の周囲の環境、網膜の各細胞。 視細胞や視神経がかなり弱っているので時間のかかる方もいますが殆ど改善しています。 目の血流障害が何処から起きているかを知る必要があります。 血流障害を解消する事が回復の一番の早道なのです。 安易にメガネに頼っては決していけません。 決して諦めてはいけないのです。 お子様にメガネをかけさせたくない。 本当の親心です。視力回復に熱心な眼科が多く望まれます。 特に小児眼科は寂しい限りです。 当院では一人でも多くの方が視力改善出来るように視力向上タッピング法を色々なところでセミナーをして、普及させています。 また、当院が独自に開発したアイトレーナー器で、 視力回復に驚異的なスピード化をはかっています。 子供の視力低下は脳を作るうえで大切な時期て、 集中力や学力などに影響が出ます。少しでも視力を向上させましょう。 早い手当てが早い回復になります。